ワンポイントレッスン 「ラフでのショット」

夏場になるとボールを見失うくらいにラフの芝が伸びてしまいます。

練習場のように芝生の上に浮いているように見えるボールは打ちやすいですが、
芝生の中に沈んでしまうと、慣れていないとなかなか当てることが出来ません。

深いラフの中では沈んでいるボールがほとんどですが、比較的浮いているボールもあります。

ボールが比較的浮いている場合はフェアウエーウッドでも打つことが出来るのですが、
テンプラなどミスショットになりやすです。

そして、反対に沈んでいるボールは打ち込み過ぎてしまい、ダフリやトップなどでボールが飛びません。

ほとんどのミスは、(グリーンまで遠いバンカーショットと同じで)直接ボールがクラブヘッドに当たらなくて
ボールの位置よりも低い所(クラブの最下点)をスイング(ダフリ)してしまうからです。

そのための練習の一つとして、
ティーの(高さ)手前にタオルなどの障害物を置きます。
その障害物(砂・芝)があってもクリーンにティーアップのボールが打てるように練習しました。