ゴルフワンポイントレッスン『インパクト』

スイング形成の中で、私が一番大切だと考える動作がインパクトです。
(インパクトの動作を覚える時、)インパクトバックと言われる道具がありますが、
クラブの動きはインパクトで静止しませんのでハーフスイングで流れをつかんだ方が良いと思います。
クラブの動かし方を言葉で説明するのは難しいことです。
練習方法の一つですが強いて言えば、、、
アドレスで右足を30㎝位後ろに引き(クローズスタンス)、テークバックを飛球方向の反対方向に右肩の高さ位まで上げます。
クラブはアップライトに上がり、その位置からボールに向かって振り下ろします。
この時、クラブヘッドがボールを上から叩くように感じることが大切です。
振り下ろす時、ボールの右1m位(テークバック方向)を見たまま、(できれば頭も目線も動かさないように)体の前を
思い切り通過させると、クラブの遠心力で前腕が回転させられプロの写真のようなフォロースルーが作られます。
この一連の動作がボールの打ち方〈インパクト〉になります。
よく当たり、よく飛ぶようになりますので出来る範囲で頑張りましょう!