ゴルフワンポイントレッスン『プレッシャーに強くなるパッティング練習』

微妙な距離や方向を必要とするアプローチやパッティング等の打ち方は、
大きく分けて2種類あります。

1、ストローク式 (フォローを取ることにより距離の調整を測る)

2、タップ式 (インパクトをしっかりすることにより力の調整を測る)

どちらの打ち方を選ぶかは人それぞれです。
どちらにも利点はありますが、自分に合った打ち方を見つけ出すことが大切だと思います。
今週はタップ式を練習しました。
意外とよく入り、最初は打ち過ぎてしまいますが慣れてくれば距離も合うようになってきました。
頑張って練習してみましょう。案外と合うかもしれません。