ワンポイントレッスン vol.13『スイングトップ』

スイングの良し悪しは “トップで決まる” と言われるくらいに重要な型となります。

トップでシャフトがクロス(ターゲットより右を向いていること)しているのは良くないとか、

レイドオフ(左を向いている)は良いなどと言われますが、プロの間でも三者三様のようです。

 

どちらにしても、トップを確認(見て)して打てないし、ビデオで撮っても判断が容易ではないですが、

トップを作ることはさほど難しくありません。

 今の自分のスイングを安定させるには、

《アドレスからハーフスイングまでの大きさで “休みなく少し早く連続で10回ほど素振り” をします。》

 

その時のトップ(手首の曲がりや腕のしなり)が理想的な型になるので

クラブを動かしながら覚えると良いでしょう。

 より良いトップを作るには、

アドレスの前傾を保ち、90度肩を回転させます。

そのとき、クラブと両腕を遠くに(ターゲットと反対方向に)放り投げるようにすると、

クラブの重さとシャフトにより理想的なトップが出来るでしょう。

 

※ここで注意したいことは、

単に写真などを見ながら真似して、静止したトップを作ってはいけません。