ワンポイントレッスン Vol.4 「テークバック(バックスイング)」

アドレスから最初に動き始める動作で、スイングの良し悪しが決まると言われるくらい大切な動作になります。トップスイングから、ダウン・インパクトと手首や腕のねじれで全て決められる動作です。
・大切なことは、両手の動きでクラブの動きが決められてしまうことです。
“クラブをどのように動かすのではなく、まず両腕と体の動きを覚えます。”


・両手をアドレスの位置(アドレスしたときクラブを手から離したその位置)から、両腕を伸ばしたまま(アドレスの三角形を保ったまま)横に真っ直ぐ戦を引くように “50センチ” 動かします。繰り返し同じ線を往復することにより〈テークバック・バックスイング〉と、〈腕と体の動き〉が完成されます。


クラブという“船”の付いた棒を持って動かしてみると、バックスイングの優しさが理解できるようになると思います。
ゴルフクラブは、『いつも両腕と体に引きずり回されている』 と思えば、スイングを完成させるために自分には何が大切かを考えることができるでしょう。